芸術の秋、海鳴公園での出来事

新学期になって最初の美術の授業。芸術の秋ということで、私たちは海鳴公園まで足を運んでいた。
今日は1日使って風景画を描くことになっている。
確かに自然に溢れた海鳴公園は、スケッチに最適な場所だ。これなら創作意欲も湧こうというものだろう。

そんなことを考えながら、隣のなのはを見る。うん、いつも通り元気そうだ。それに可愛い。
見つめられているなのはも私の視線に気づいたのか、こっちを見て口を開いた。

「フェイトちゃん、どこに行こうか?」
「私はなのはが行きたいところなら、どこでもいいよ」
心からの言葉を言ったんだけど、なのははすぐに困ったような顔を浮かべた。
私何かおかしなこと言っちゃったのかな?

「なのは、どうしたの?もしかして、何か気に障ること言っちゃったかな?」
「ごめんね、そうじゃないの。ただね、」

そこで言葉を区切ると、そのまま俯いてしまうなのは。
どうしたのかと思った私が顔を覗き込むと、顔を真赤にしながら呟くようにその言葉を発した。

「その、わたしも、フェイトちゃんと同じこと考えてたから」
自分が言ったことがよほど恥ずかしいのか、更に顔を赤くするなのは。

そんな様子を見て何もしないなんて拷問に等しい。
考えるより先に身体が反応したとしても、誰も私を責められないだろう。

「嬉しいよ、なの、痛っ!」
なのはに抱きつこうとした刹那、私の後頭部に鈍痛が走った。

一瞬目の前が真っ暗になって、その後から痛みが襲いかかってくる。正直に言うと、ものすごく痛い。
こんなことをするなんてふたりしか知らないけど、ひとりは別のクラスだから離れたところにいる。
となれば、犯人は自ずと判明してくる。

「何するの、アリサ!?」
頭の中に犯人の顔を思い浮かべながら、背後を振り返る。
そこにはさも当然といった顔をしながら、片手にイーゼルを持ったアリサがいた。
ということはつまり、私はアレで叩かれたんだ。痛いはずだよ。

「いつも言ってるでしょ、時と場所、それに状況を考えなさいって」
「それにしても、ソレはやりすぎだよ。すごく痛かったんだから」
私の抗議もどこ吹く風。目の前で仁王立ちしている姿は、まさにいつも通りのアリサだった。

「手加減したから心配ないわ。流石にこれを手加減しないほど、バカじゃないつもりよ」
「手加減とかじゃなくて、人としてやっちゃいけないことだと思うよ」
少し反論しただけなのに、人差し指をピンと立てて詰め寄ってくるアリサ。なんだろう、少し、怖い。

「いいこと。目の前でイチャイチャされたら誰だって怒るものなの。
しかもアンタたちときたら学習しないときてるんだから、こうでもしないと解らないでしょ?」
そこまで言われたら何も言い返せない。
確かに私も悪かったと思うけど、なのはが可愛いのがいけないんだよ。
あんなに可愛いなのはを見せられたら誰だってこうなっちゃうよ。

「まぁいいわ。こんなところで油を売ってる場合でもないし。
じゃ、あたしはすずかたちと合流するから、お昼にここに集合ね」
「あっ、ちょっと、アリサ!」
声をかける間もなく、アリサは歩いていってしまった。
どうしよう? 追いかけた方がいいのかな?

「大丈夫だよ、フェイトちゃん。アリサちゃんは多分、気を遣ってくれたんだよ」
考えていたことが解ったのか、なのはが声をかけてくる。なるほど、確かになのはとふたりきりだ。
ありがとうアリサ、でも頭がまだ少し痛いよ。

アリサへの感謝の言葉を心の中で考えていると、なのはがもう一度声をかけてきた。
「それで、どこに行こうか?」
「なのはが行きたいところなら、はダメ?」
私の答えに首を縦に振ることで答えるなのは。

よし、ならここは私がリードしないと。でも、どこに行こうかな? 森の方はありきたりだし……
そうだ、あそこがあった。あの場所ならなのはもきっと喜んでくれるはず。
そう考えたら決断は早かった。自然と私の手がなのはの手を握る。

「行こう、なのは」
「フェ、フェイトちゃん、引っ張らないでよ~」
可愛らしいなのはの抗議に、少しだけペースを緩めながら私たちは目的地へと向かった。
そして私たちがたどり着いたのは……

「ここって……
「うん、私がなのはの名前を初めて呼んだ場所。ダメ、だったかな?」
あの日、初めてなのはの名前を呼ぶことが出来た場所。

今でもあの時のことははっきりと思い出せる。なのはの笑顔、なのはの涙、なのはの声。
この場所に来ると、どんなことでも思い出せるんだ。

「ダメじゃないよ。だって、わたしもここがいいって思ってたから」
小さく微笑むなのは。あまりに綺麗なその笑顔に、我慢できず鉛筆を取り出して、デッサンを始めてしまう。
驚いた表情を浮かべるなのはに、私も笑みを浮かべながら尋ねる。

「私、なのはを描きたいな。いい?」
さっき以上に驚いた顔のなのは。でもすぐに顔を赤くしてしまう。

少しだけ時間が経ってから、なのはが小さく呟いた。
注意していなければ、絶対に聞き逃してしまうような小さな声。でも、私にはしっかりとその言葉が届いた。

「フェイトちゃんを描かせてくれるなら、いいよ」
「勿論だよ、なのは」

こうして私たちの芸術の秋が静かに幕を開いた。

ちなみにお題が風景画だったにも関わらず、
なのはを描いた私と、私を描いたなのはは後で先生にこってりと絞られてしまいました。

別にいいんだ。その代償に、私の部屋ではなのはがいつも微笑んでくれているから。