伝えたいのに言えない言葉

今、私は途轍もないピンチに陥っている。
正面にはこっちを真剣に見つめて微動だにしないなのは。
後ろにはそんな私たちを監視するような無数の視線。
なるほど前門の虎後門の狼とは言い得て妙だな、なんて考えてしまうくらいだ。

しかし、もう逃げられない。否、逃げることを許してもらえないのだ、この状況では。
なけなしの勇気を振り絞って言葉を紡ぐ以外に、安息を得る方法はない。
小さく息を吸って、正面のなのはを見据えた。

「あ、あの、その、ええっと、」
意を決して出てきたのは、そんな言葉だけ。だが、なのはは視線を逸らそうとはしない。
ただ私だけを視界に入れ、決して動こうとはしない。
私が役目を果たさない限り、この状況が変化することはないだろう。

もう一度、今度はさっきよりもずっと大きく息を吸う。
「あ、愛、していま、す。ひ、姫っ!」
最後のほうが裏返ったけど、よく頑張った私。でも、現実は甘くなかった。

「あぁ、もうっ! カット、カット、カァァァット!!」
激しい言葉と共に演技が強制的に終了させられる。
不謹慎かもしれないけど、私はようやくそこで一息つくことが出来た。
これから総監督のお説教が待っているのは、勿論解ってるけど。

「フェイト、アンタ何度目か解ってる? 6回目よ、6回!」
丸めた台本を私に突き出してくる総監督のアリサ。そう、このシーンだけで6度目のリテイクだ。
それ以外のシーンでは問題なく演じることが出来ているけど、このシーンだけはどうしても上手くいかない。
いや、理由は解ってるんだ。

「それはすごく悪いと思ってるんだけど、その、恥ずかしくて、」
「シャラップ! 言い訳は聞きたくないわ。いいこと?
今度の文化祭演劇コンクールではやてたち6組に勝つこと。それがアンタたちに課せられた使命なのよ。
今更恥ずかしいだなんて言わないの。それに、」

言葉を止めてチラリとなのはの方を向くアリサ。
総監督の厳しい視線になのはは気づいていないようで、小道具の娘からもらったジュースを飲んでいる。
その様子を確認したアリサが、今度は私の耳元で爆弾発言をした。

「アンタたちって、こういうことを毎日言ってるイメージなんだけど、違うの?」
「なっ!?」
思わず立ち上がって大声を上げかける。
幸いなことにほとんどの生徒は自分の作業に熱中しているせいか、こっちに気付かずにいてくれた。
なのはも気付いていない様子だ。それにひと安心すると、もう一度アリサと正面から向かい合う。

「何言ってるのアリサ!? そんなことしてないよ」
「それはそれで意外だけど、本当のところはどうなのよ?
他の娘は騙せても、総監督であるこの私の目は誤魔化せないわ」
それは総監督であることと何か関係があるのかな? でも、アリサの言っていることは合っている。

促すようなアリサの強い視線に根負けし、真実を話してしまった。
「その、2日に1回くらい、だよ」
「多いわっ!」
大声と共に丸めた台本で私の頭を叩くアリサ。勇気を出して正直に言ったのに、酷い。

「まぁ、アンタたちの恋愛観に文句は言わないけどね。でも、それならどうして言えないのよ?」
続けて放たれた質問は、アリサからすれば当然のものなんだろう。
だけど、なのはにその言葉を言うのはふたりきりのときだけだ。
恥ずかしいけど、アリサに事実を言うだけで苦労した私だ。舞台の上で言えるはずもない。

「だったらアリサは言えるの? 大勢の前で」
「当然でしょ」
ポツリと呟いた言葉はアリサにあっさりと肯定されていた。
きっとアリサは演劇は演劇、現実は現実って切り替えるのが上手なんだと思う。
私もそう出来たらいいんだけど。

「と・に・か・く! 本番まではあと少しなんだから、観念しなさい。
ってことで今日はここまでよ! みんなお疲れ様」
反論する隙を全く与えてもらえず、アリサがいつもより早く全体に終了を告げる。

総監督の発言に、残っていた生徒たちは片付けを終えた順に次々と帰宅していく。
ぼうっとしたままその様子を見ていると、気づいたときには教室の中に残っているのは私となのは、
アリサだけになっていた。そして一言二言なのはに声をかけると、アリサも帰宅していった。

ふたりきりになった教室。無音の教室では、互いの存在を意識させられてしまう。
「あの、フェイトちゃん?」
「な、何? なのは」
ものすごく気まずい。当然だ。さっきの文を含め、6回も醜態を晒した私だ。

正直なところ、私はこんな人間なんだ、って失望されていても驚かない。
そんなことは嫌に決まってるけど、自業自得だ。

お互い言葉が続かないこの状況で、先に口を開いたのはなのはだった。
もしかしたら、最後通告かな。こんな情けない私が恋人だなんて、なのはにも失礼だから。
ならばその通告も甘んじて受け入れ、

「フェイトちゃん、わたしのこと、好き?」
出てきたのは予想外の言葉。あまりに予想外過ぎて、脳が言葉の意味を理解していない。
しかし身体はしっかりと理解できたようで、私の意識を離れて頭を全力で上下させていた。

「ありがとうフェイトちゃん。でも、どうしてそれを演劇の時に言ってくれないのかな? すごく期待してたのに」
「あの、それはね、その、」
緊張してしまって言葉が続かない。こんな時に緊張しちゃうなんて、やっぱり私って駄目だ。
でも言葉が出ない私に、なのはは優しく微笑んでくれた。

「ふふっ、無理しなくてもいいよ。フェイトちゃんの気持ちは解ってるから。
『なのはに伝えたけど、恥ずかしくて言えないよ』、そう思ってるんでしょ?」
……仰る通りです」
また恥ずかしさが増してきた。なのははずるいよ。私よりも私のことを知ってる。
私の知らない私を、なのはは知ってる。本当に叶わないな、なのはには。

「でもね」
不意に顔を近づけてくるなのは。そんな彼女の行動に、心臓の鼓動が一瞬にして跳ね上がる。
でも目を背けちゃ駄目だ。なのはの顔を見なければならない。そうしないといけないんだ。

「今は、わたしたちだけだよ。だから、言葉にして。『愛してる』ってわたしに向かってちゃんと言って」
真剣な表情のなのはから、これが最後だということを悟る。
ここで失敗したら、今までの全てが終わってしまう。

だから私は言わなければならない。
情けないけど軽く周囲を見渡し、本当に誰もいないことを確認してからゆっくりと口を開いた。

「愛してるよ、なのは」
緊張することもなく、ごく自然にその言葉を紡ぎ出すことができた。
さっきはこの言葉を言うだけで四苦八苦していたのに、本当に滑稽だ。

短い沈黙。出来ることはやった。後はなのはの反応だけ。どんなに時間が経過しても待つつもりだ。
すると、なのはが顔を上げた。満面の笑みを浮かべながら。
「やれば出来るじゃない、フェイト!」
後ろから思い切り肩を叩かれる。

それでようやく、呆気にとられていた私の時間が動き出した。
振り返ると、なのはに負けない笑みを浮かべたアリサ。
そして更にその後ろには、帰ったはずのクラスメートの姿が。えっ、これって、どういうことなの?

「騙すようなことしてごめんなさい。でもアリサちゃんが」
「ふたりっきりなら、なのはが迫れば言うに違いないって言ってあげたのよ。
まぁ、まんまと引っかかるアンタもアンタよね。それにしてもなのはの演技はすごかったわ。
やっぱり主演女優に選んだのは正解だったみたいね」
「えっ、演技じゃないよ。わたしは自分が思ったように行動しただけだよ」
目の前でなのはたちが話しているのが聞こえるけど、私の頭の中はこの状況を理解しようと必死だった。

えぇっと、つまり、これは、
「アリサにしてやられたってことかな?」
口に出すことで、ようやくそのことを脳が理解する。
そしてその言葉を待っていたように、アリサが話しかけてきた。

「そういうことよ。で、どうするのフェイト? これだけの人数の前で言っちゃったんだから、もう大丈夫よね?」
挑発するような笑顔を向けてくるアリサ。なるほどね、そういうことか。
今度こそアリサの真意を完全に理解する。うん、こうなったらもう自棄だ。

そうして私は隣にいるなのはを抱き寄せた。
「なのは、愛してるよ!」
「ええっ! ちょっ、ちょっと、フェイトちゃん!?」
顔を真赤にして抗議しようとするなのは。だけどゴメンね。

でも、なのはだっていけないんだよ。アリサの悪巧みに乗っちゃうんだから。
だから、これはささやかな仕返し、ううん、お仕置きだ。
「愛してる! 私は、なのはを愛してるんだ!」

「うるさい! 少しは場所を考えなさい!」
結局アリサに注意されるまで、私の愛の告白が止むことはなかった。
当然、翌日のなのはが私に冷たかったことは言うまでもない。